2018年02月

現在、外国人騎手が日本の競馬で乗るのは当たり前になっています。

ルメールとデムーロに関しては、年中日本で乗っている状態で毎週競馬新聞で名前を見かけます。

外国人騎手には質のいい馬が集まり、毎年かなりの成績を残し、GIでの活躍も目立つので馬券の軸には最適。


ですが、この馬の実力で勝ち負けは…って馬でも、外国人騎手が乗ると1、2番人気になっていたりします。


外国人騎手の妙味、買う時ではなく…消せる時が最大の妙味ではないかなと考えてます。

最終レースは、いろいろな心理状況がオッズに反映されていると思います。

結構前から言われている事なので、ざっくりと書きます。

⚫︎一本被りになるような馬ではないのに、異常な人気になる。

⚫︎紙面上では印が薄いのに、人気になっている。

⚫︎外国人騎手がやたらと売れる。



こんな感じかなと思います。

このような異常を察知して、最終レースを的中させて気持ち良く帰りたいものです。



↑このページのトップヘ