4着でしたね。


ペースが落ち着いた事もありますが、ナスノダケがアッサリ先手だった事が意外でした。

想定していたレースとは違いましたが、オルクリスト自身もちょっと後ろ過ぎの感がありました。
もう少しやれる馬だと思いますし、砂を被っても伸びてこれるのは強みです。

もちろん、未勝利で終わるような馬ではないと思いますし、近々勝ち上がると思っています。

今年の中央競馬は終わりましたが、来年も競馬はあります。今年見つかった課題を来年は克服できるようにしっかり考えていきたいと思っています。