4着でしたね。


ペースが落ち着いた事もありますが、ナスノダケがアッサリ先手だった事が意外でした。

想定していたレースとは違いましたが、オルクリスト自身もちょっと後ろ過ぎの感がありました。
もう少しやれる馬だと思いますし、砂を被っても伸びてこれるのは強みです。

もちろん、未勝利で終わるような馬ではないと思いますし、近々勝ち上がると思っています。

今年の中央競馬は終わりましたが、来年も競馬はあります。今年見つかった課題を来年は克服できるようにしっかり考えていきたいと思っています。

◎4オルクリスト


買い目


単複 4




人気は、ナスノダケ、ブラックアウト、オルクリスト、トミケンルーアで分け合う形。


ナスノダケは、前走は新馬戦で3着。人気馬で逃げ先行型なら、あまり逆らいたくはないのですが、この馬は差し馬。ちょっと踏み遅れたりすると致命的な不利になる可能性はあります。
トミケンルーアも同様差し馬。この馬はかなりいい脚を使いますが、やはり差しと思ってしまうと抵抗があります。
ブラックアウトは、枠もいいし脚質も良さそう。新馬戦でのタイムだけなら、ナスノダケよりも上だけに普通にチャンスだとは思います。

本命のオルクリストですが、4番枠ながら既に3番枠からのスタートで結果を出しています。
しかも初ダートで休み明けという条件の中で、この結果ならかなりの前進です。
ひと叩きされて、ダートの慣れも見込める今回は、さらなる前進を期待したいと思います。

2着


複勝 320円




上手く乗ってくれたと思います。

カモンスプリングに逆らったのは若干無理がありましたが、内を立ち回った分よく伸びてくれました。
イチバンヤリに関しては安定したレース運びが素晴らしいですね。京都、福島、中京、阪神と走り、崩れないのは精神的強さの表れではないでしょうか。

オースミムテキは出遅れで外を押して上がっていく辺りが、かなりのロス。今回は参考外でいいでしょう。もし次回人気を落とすようなら、見直す事も可能でしょう。

モズソノママも一瞬伸びる脚を見せただけに、新しい一面が出てくる可能性もあるので、要チェックですね。

↑このページのトップヘ